市民公開講座御礼 & 直前情報

本日大盛況のうちに小倉智昭氏をお招きした市民公開講座が終了しました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。小倉氏の吃音に対する愛とユーモアを交えた言葉に、ご参加いただいた皆様一人一人、感じるところがあったのではないでしょうか。

さて、9月2日(金)からは第4回大会がスタートします。午後のChang教授(ミシガン大学)の招待講演は、英語で話されますが、スライドには日本語訳がついております。講演自体も日本語の逐語訳がつきますので、安心してご参加下さい。

抄録集は印刷したものは配布いたしませんので、プログラム詳細から、PDFのダウンロードをお願いいたします(各自での印刷をお願いしております)。当日、1F受付にて、抄録集を収めたUSBを設置しておりますので、PCにコピーしていただくことも可能です。

直前ですが、会場までのアクセス方法については下記をご覧ください。

アクセス・交通案内

航空公園駅からの道のり案内

新所沢駅からの道のり案内

また、お昼の情報は下記をご覧ください。会場ではお昼の時間に6FのB会場(大研修室)を解放いたしますので、どうぞお持ちになった昼食を召し上がってくだたい。お昼の時間以外はセッションのない部屋(特に6FのC会場が比較的空いております)を休憩所やミーティングスペースとしてお使いください。駅周辺でお昼を買われてから会場にいらっしゃると、簡単かもしれません。

ランチガイドマップ

9月2日(金)18:30からの情報交換会(懇親会)は総会後の14:00まで当日参加を受け付けております。会場1Fの受付にてお申し込みください。ただし、定員に達した場合にはお断りすることもございますので、お早めの申し込みをお勧めいたします。

わからないことがございましたら、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

それでは大会会場でお会いするのを楽しみにしております。

 

 

取材申込書について

大会の取材をご希望の方は、下記の取材規定・取材申込書をダウンロードしていただき、申込書を受付まで持参してください。当日受付にも書類を用意致しますので、その場でお書きいただくことも可能です。

日本吃音・流暢性障害学会および同学会第4回大会 取材規定および取材申込書 (報道各社様用) (PDF)

学生の方の参加費につきまして

学生の方の当日参加費を、会員・非会員を問わず、一律に2000円とすることにいたしました。事前登録の方も、当日は学生証の持参をお忘れなきようお願いいたします。また、事前登録の段階で、学生であるのにもかかわらず「一般(非会員)」で申し込まれた方は、恐れ入りますが当日に受付でお申し出をお願いいたします(2016/08/30)。

大会抄録集を公開いたしました(2016年8月30日版)

大会抄録集(2016年8月30日版)を公開いたしました。下記のリンクからPDFのダウンロードをお願いいたします。

第4回大会抄録集(2016年8月30日版) (PDFファイル 4.1MB)

PDFファイルをご覧になるには、PDF表示ソフトをお使いください。
Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39.fw

更新版の用意ができました際には、改めてお知らせいたします。

なお、大会会場では予稿集の印刷版は用意いたしませんので、あらかじめお手元のパソコンやスマートフォンにダウンロードしていただくか、ご自身で印刷されたものをご持参頂くよう、よろしくお願いいたします。

(会場受付に予稿集をパソコンにコピーしていただけるようUSBメモリを用意する予定ですが、なるべくあらかじめホームページからのダウンロードをお願いいたします。)

9月4日(日)ポストコングレスセミナー情報

2016年9月4日(日) ポストコングレスセミナー(講習会)の情報をお伝えいたします。

学齢期吃音の指導・支援(A会場 学院 講堂)

パート 時間 講義内容 担当
9:00~9:15 はじめの挨拶・講師紹介 中村 勝則
9:15~9:45 吃音とは:指導・支援に必要な基礎知識 小林 宏明
9:50~10:50 吃音の指導・支援の基本構造 小林 宏明
11:05~11:45 指導・支援のための症状評価 吃音検査法 酒井奈緒美
11:50~12:30 指導・支援のためのコミュニケーション態度・感情の評価 川合 紀宗
12:30~13:00 昼食・休憩
13:00~13:40 ことばの教室における吃音の知識の学習方法 瀧田 智子
13:45~14:25 吃音に対する心の動きと振る舞いへの支援 中村 勝則
14:30~15:10 子ども自身の対応力の育成 西田 立郎
15:10~15:25 休憩
15:25~16:05 直接的発話指導:流暢性の形成、吃音の緩和 坂田 善政
16:10~16:40 コミュニケーション環境の調整とその意義 脇  豊明
10 16:45~16:25 クラッタリングとその対応 宮本 昌子
17:25~17:30 終了のことば・事務連絡 前新 直志

パート1・2 :小林 宏明  金沢大学人間社会研究域学校教育系教授
パート3   :酒井奈緒美  国立障害者リハビリテーションセンター研究所研究員
パート4   :川合 紀宗  広島大学大学院教育学研究科・国際協力研究科教授
パート5   :瀧田 智子  東京都江東区立南陽小学校ことばの教室教諭
パート6   :坂田 善政  国立障害者リハビリテーションセンター学院言語聴覚学科教官
パート7   :中村 勝則  元東京都ことばの教室教諭
パート8   :西田 立郎  埼玉県特別支援教育推進 元白岡市立篠津小学校ことばの教室教諭
パート9  :脇  豊明  元京都府ことばの教室教諭
パート10 :宮本 昌子  筑波大学人間系准教授
前新 直志  国際医療福祉大学保健医療学部言語聴覚学科教授

吃音検査法(B会場 大研修室)

今回のポストコングレスセミナーでは,9月に発刊予定の
『吃音検査法 第2版』に基づいて解説します。

<予定>
吃音検査法概要・第2版における変更点・手順説明(小澤)
評価の実際(症状表記)(原)
グループワーク(聴取/記録)
(小澤,鈴木,原,酒井,坂田)
解説・まとめ方・質問へ回答(原,小澤)
症例を通して(餅田)
まとめ

<講師>
小澤恵美(元国立障害者リハビリテーションセンター病院)
鈴木夏枝(元神奈川県立子ども医療センター)
原由紀(北里大学)
餅田亜希子(東御市民病院)
酒井奈緒美(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)
坂田善政(国立障害者リハビリテーションセンター学院)

 

9/1夕方 小倉智昭 氏講演「市民公開講座」情報

日時: 2016年9月1日(木)

会場: 国立障害者リハビリテーションセンター 学院講堂

  •  16:30〜17:05  長澤 泰子 氏(日本吃音・流暢性障害学会 理事長)
    • 「吃音の基礎知識と本学会の役割」
  •  17:20〜18:20  小倉 智昭 氏(アナウンサー)
    • 「夢を持つな、目標を持て!どもるからアナウンサーになった」

先着500名様がご入場できます。入場は無料です。予約はできません